So-net無料ブログ作成
検索選択

Gmailが中国で送受信不可状態に 中国政府の情報統制の一環か? 





グーグルが、無料で提供してくれるメールサービスGmail使い勝手のいいサービスだが、中国で送受信が出来ない状態に陥ってしまった。


gmail1.png




中国のGoogleに対するけん制か? グーグルの世界に対する対応を見て行く Googleは何がしたいのか? Googleは世界の脅威? Googleと他の会社のイザコザ?












<Googleは何がしたいのか?>






基本的には、世界1の検索サイトと言われ、マイクロソフトが提供するBingやヤフーなどがある。




gmail1.png





しかし、日本だけはヤフーが強いが、Googleは相変わらずシェアの広さは変わらない。






グーグルは、Gmailを使用する際は個人情報を登録しないといけない。






それにより個人情報の収集を行っているのではないかという疑いをもたれている節もある。






なぜなら、グーグルで特定のキーワードを検索すると、それ以降に検索したことに関する広告が頻繁に出現し、霹靂するときがある。



gmail5.jpg






結局グーグルは検索履歴を収集し、広告をクリックさせることにより広告収入を得ようとしているためにそういった動きになっているのかもしれない。








<Googleは世界の脅威?>







グーグルは、2012年に中国本土から撤退その他ロシアからも撤退した。






gmail6.jpg




当初グーグルは中国当局の意見を取り入れた形の検索サイトを提供しサービスを開始したのだが、あまりに検閲が厳しく中国本土での運用を諦めたようだ。







gmail8.jpg





ロシアも、同様な理由のようだ基本グーグルは自由な検索を提唱しているようなので不自由な検索を強いられるとグーグルとしては運用しづらいようだ。







今回のGmailの送受信の件も、中国政府が締め出したグーグルに情報送信させないように、制限を掛けたものだと思われる














<Googleと他の会社のイザコザ?>






グーグルと、犬猿の仲という噂が流れているのが、FC2というブログサービス会社である。



Gmail9.jpg



グーグルは、時頼パンダアップデート(質の低いコンテンツを上位に表示させないようにする施策)、ペンギンアップデート(スパムやウエブマスターガイドラインに違反したサイトの順位を下げる施策)という名前で検索のアルゴリズムを変更する動きを行っている。









それにより、検索サイトで上位に表示されていたサイトが急に検索サイトの2ページ目に落ちるなどの事態が起きる。






その被害を受けているのがFC2を使用しているブログユーザーについては、ページを更新してもなかなかサイトがインデックスされない等の不都合が起きているという。






グーグルがあげる理由としては、中身の薄いサイトを締め出したいという事。








それと画像が入っているサイトなどを締め出したいそして、中身の濃いサイトをたくさんインデックスしたいと考えているようでFC2はその基準から外れているようでインデックスがされない等の事例が多発していて対立関係が続いている。



gmail.jpg



その他、アンドロイドを作っているグーグルとiosを作っているアップルとはライバル関係にある。

 




人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
スポンサーリンク
Copyright © 大学生のトレンドなう All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。